身内が逮捕されて困った人々の話

横領事件で逮捕されてしまった場合

横領事件で逮捕されてしまった場合の対処法について

横領の疑いで逮捕されてしまった場合にはできるだけ早急な対応が求められており、有効な手段を講じなければ刑が確定して前科者となってしまう可能性が高いということになるのです。

またこうした刑事事件による逮捕といえども必ず刑が確定するものではないということを理解しておきたいものですし、そのための有効な手段として有能な弁護士事務所への相談があるのです。また家族がこのような事案で逮捕されてしまった場合におきましても同様であり、一刻も早い釈放を望むならば刑事事件に強い弁護士の先生に相談することが求められているのです。そして逮捕されてから勾留までの72時間以内に勾留阻止ができれば在宅による取り調べへ移行することが可能となりますので、通勤や通学が必要とされる人にとりましては勾留を阻止することが出来れば日常生活を続ける上で非常に重要となるのです。

また再就職といった観点からしても前科が付いてしまうことは絶対に避けたいところとなるのですが、有能な弁護士の先生に依頼することにより被害を受けたとする会社側との示談を成立させることが期待できるのです。この示談成立は非常に大切であり、このことで告訴の取り下げを実現させることができますので、事実上不起訴処分を獲得することができるのです。こうして不起訴処分を獲得するメリットは大変大きいとされており、社会的な復帰を早急に遂げるためにも有能な弁護士の先生に依頼しておきたいものとなるのです。

DATE:2017/03/21

ピックアップ記事一覧へ